コタンクルカムイのまったり生活2
野山の散策、小さな旅行、テニス遊びなど、札幌生活を不定期に掲載(goo blogの「コタンクルカムイのまったり生活から」引っ越してきました)
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
穏やかな天気 - 10/20 北大構内 -
今日もよい天気! 穏やかな秋晴れです。
仲間を語らってテニス遊びにいそしみました。
ついでにちょこっと北大構内は大野池の周りの紅葉狩りを。

1

2

雪虫も飛び始めて冬は確実に近づいています。
明日までは好天が予報されていますが、週末から来週前半はまた天気が崩れそうです。
明日は深まる秋をどこで過ごそうかしら・・・・。
コメント
コメント
鹿を食べるには
犬も歩けば@東京 さま

人間が最も獰猛な動物なんですからエゾシカを捕らえて食するのが一つの解決方法なんです。
ただ、捕殺してからの処理方法(血抜き)を適切にしないと食用にはならないのだそうです。ぽつんぽつんと一、二頭ずつでは減らないし、労力に見合いません。経済ベースにのせるには一生懸命沢山のエゾシカを檻に追い込んで、需要に応じて処理していけばいいんですが、なかなか魚の定置網のようにはいきません。
数年前にこの方法で流通ルートまで作ったそうですが年ごとの捕殺量が極端に違うので、今は再考中とか。
結局、捕るから食べてではなく、食べたいから捕ってという需要先行型が必要なんでしょうね。牛肉より安く供給できれば人気が出るのですが。
「かわいい鹿を食べるなんて!」という心理的バリアもあるでしょうが。「仔鹿物語」(古い映画!)では育った鹿がどんなに厄介な動物であるかを知らされました。何かというと動物をペット死する風潮がありますが考えものです。
それにしても、だいぶ前ですがドイツの BASF 社のレストランでいただいた鹿肉のステーキはとってもおいしかった。値段は知らない!
(ネットの検索で鹿の害についてみてみたらいかがでしょう。)
2011/10/22(土) 12:09:13 | URL | みみずく #- [ 編集 ]
いま、BS放送で「エルムンド」を見ていたら、シェフがエゾシカのステーキを料理をして出演者が食べていました。とても柔らかくておいしいと口ぐちに言っていました。

ならば、エゾシカを捕獲して食肉として流通できないものかしら、と疑問に思いました。
動物虐待と言われるかしら?
2011/10/21(金) 23:57:11 | URL | 犬も歩けば@東京 #- [ 編集 ]
Re: タイトルなし
犬も歩けば@東京 さん こんにちわ。

気温の下がる冬を迎えると動物も植物も活動を控えますね。無関係にちょろちょろ活動するのは人間とその周辺の動物(犬、猫など)のようです。
以前に飼っていたシマリスは屋内であるにもかかわらず、冬が近づくと餌は溜め込むは気は荒くなるはで、DNAに刷り込まれた季節感にはあがらえないものだなと感心しました。エゾリスは活動を継続するのですがね。
今年はほんとにクマ出没のニュースが多い。でもエゾシカは数が増えているせいもあって、結構交通事故の誘発が頻発しています。場所的には道東が多いのですが。自動車事故では死者は出ていませんが、車が壊れちゃったという話がよく出ます。フロントガラスを突き破られたら死者が出かねません。バイクでは死亡事故が起きています。
交通事故もさることながら作物と森林への被害は深刻だそうです。山のお花畑が消滅する!という悲鳴も聞こえます。オオカミという天敵を人間が駆逐したためともいわれています。かといって外国からオオカミを導入しようかという意見には?です。
2011/10/21(金) 12:11:27 | URL | みみずく #- [ 編集 ]
札幌の秋は足早に過ぎていきますね。

そのお蔭で、雪国の短い秋の移ろいを楽しませて頂けます。

冬が目の前、と思いながらブログを読んでいて、ふと、先日自然保護協会の方に教えてもらったことを思い出しました。それは、「冬眠前の熊が人里に・・・」というマスコミの記述、間違っていて、正確には「熊は冬眠でなく冬ごもり」をするのだそうで、では、どう違うかと言えば、冬眠は仮死状態になり動かないけど、冬ごもりは、動いている、熊の場合は、子供を産み、育てているのだそうです。

北海道在住の方には「釈迦に説法」かもしれませんね。私には、長年の疑問が解けた思いなのです!(^^)!
2011/10/20(木) 22:41:27 | URL | 犬も歩けば@東京 #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。