コタンクルカムイのまったり生活2
野山の散策、小さな旅行、テニス遊びなど、札幌生活を不定期に掲載(goo blogの「コタンクルカムイのまったり生活から」引っ越してきました)
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
熊は出るけど小さな秋 - 10/8 山裾巡り -
札幌には熊が出る!っていうことで山裾を回って様子を見に行ってきました。
円山の裾にある円山公園→三角山の登り口→盤渓市民の森の登り口→平和の滝のルートで。
もちろん車でチョロちょろっとです。
円山や藻岩山周辺は山側に入るのは禁止ですが、土曜日の日中です。
円山公園は動物園や、高校野球観戦や、散策の人で駐車場も満杯状態でした。
これでは熊も恐くて出てこられませんよね。様子見にもなりません。
三角山は入山禁止ではないので裾には結構な人の数。
盤渓も平和の滝も静穏です。
いくら熊でも日中は自粛しますよね。
秋色探訪散策はしたいのですが熊情報が出ているときに山の中に入るのは躊躇われます。

GoogleEarth で札幌の様子を空中から見ると南西部は山続きであることがわかります。
南側が広い道路で区切られ飛び地になっている野幌森林公園には熊は出ません。
町中はともかく市街地と山裾の接点には熊が出てきても不思議ではありません(希望はしませんが)。
本州、特に西日本でイノシシがすっ飛んでくるのと似たような状況ではあります。
今年は餌に恵まれない年なので人間界に近づいてしまうのでしょう。
恵庭で捕殺された若グマの胃袋は空っぽだったそうですから自然界は厳しいものです。

下の写真は平和の滝付近の小さな秋です。

1

3

2
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。