コタンクルカムイのまったり生活2
野山の散策、小さな旅行、テニス遊びなど、札幌生活を不定期に掲載(goo blogの「コタンクルカムイのまったり生活から」引っ越してきました)
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日のお散歩 - 10/31 円山、宮の森 -
日ハム、CSの第一ステージ突破ならず! 残念!
シリーズ後半の打てず状態が結局解消できぬままでした。投手が可哀想ですね。
札幌人としては野球シ-ズンは終わりです。来シーズンはどんな体制になるのでしょうね。

さて。今日は円山公園のお散歩です。といっても1時間足らず。
シマリス、エゾリスが訪問目的でしたが、遠くにシマリス一匹を見つけただけ。
もぐもぐタイムを外してしまったようですね。

1

2
森のエント。目、鼻、口が見えるかしら?

3
宮の森ジャンプ台近くにはすすきが秋の日を受けていました。

4
宮の森シャンツェ。まだ葉が茂らない早春には大倉山のてっぺんからもちらっと見えます。
札幌オリンピックでは笠谷の金を初めとする日本選手のメダル独占シーンをじかで見ていました。

明日からはもう11月。今年も後2ヶ月。地震に津波に集中豪雨にと大変な1年でした。
後2ヶ月は素晴らしい日々が来てくれることを祈りたいと思います。
スポンサーサイト
ホッチャレは身につまされる - 10/24 星置川 -
札幌市と小樽市の境目に星置川が流れています。大きな川ではありません。
下流は小樽カントリークラブと下水処理場の間を流れて石狩湾に至ります。
それで多くはありませんが、遡上してくるサケもいる訳です。

7
こんな川。両岸は護岸されています。

8 9
アキグミも真っ赤な実を沢山つけています。
千葉の実家の庭にはグミがありました。お菓子なんてなかった頃ですからつまんで食べましたが酸っぱくてちょっと渋かった! アキグミも同じらしい。

10 2 3
カエデの紅葉が綺麗なんですが、今日は曇り空で今ひとつ冴えがないな~。

5 1
川の中には命を終えた雄ザケ(左)や産卵を終えた雌ザケの姿が見られました。
最後の力を振り絞って産卵行動に励むカップルも目にできました。
ホッチャレになった姿を見ると身につまされてしまいます。

6
どういう意味なんでしょうね。

4
星置川の源流はこの手稲山の向こう側・奥手稲になります。
稜線の樹はすっかり葉を落としています。
それにしても手稲山山頂のアンテナの多いこと! 札幌に来た頃には1、2本しかなかった。
初観雪
今日はかくっと気温が下がりました。
最高気温も10度くらい。
手稲山には雪が見えます。
初冠雪は既にあったそうですがそのときは気づきませんでした。
なので今日が初めて見た日だということで「初観雪」と名付けました。
昨年は 10/26 に初雪が降りましたが、今年はどうでしょう。
紅葉と初雪はくっついていますね。

1
積雪の有無は昔の大回転コース(画面の上真ん中の白い部分)がわかりやすい。
どんよりした空模様なので、写真そのものもどんよりしています。

1
夕方になって日がさしてきましたが気温は上がらない。
くたびれもうけ
天候がコロコロと変わります。
秋の空、なんですね~。

5
オトナリさんのナナカマドは日当りが良いので毎年鮮やかな紅葉になります。
葉もすっかり赤くなっています。でもひと雨、ふた雨ですっかり散ってしまうでしょう。
実の方は鳥が突っつかない限り一冬赤い実を付けたままです。

2
豊平峡に紅葉を見に行ったのですが南に行くにつれ雨が降り出してしまいました。
駐車場に着いた頃にはダムまでのシャトルバス(電気自動車)に乗り換える気分ではありません。

3
周りをぐるっと見回して退散です。

4
よせばいいのに中山峠まで淡い期待を抱いて足を延ばしたんですが荒れ模様。
なんとみぞれまで降ってきて車の窓には少量のあられが降り積もっていました!

1
そうそうにUーターンして下まで降りてくると虹が出ていました。
信号待ちの一瞬の写真なので電線のうるさいこと。
熊は出るけど小さな秋 - 10/8 山裾巡り -
札幌には熊が出る!っていうことで山裾を回って様子を見に行ってきました。
円山の裾にある円山公園→三角山の登り口→盤渓市民の森の登り口→平和の滝のルートで。
もちろん車でチョロちょろっとです。
円山や藻岩山周辺は山側に入るのは禁止ですが、土曜日の日中です。
円山公園は動物園や、高校野球観戦や、散策の人で駐車場も満杯状態でした。
これでは熊も恐くて出てこられませんよね。様子見にもなりません。
三角山は入山禁止ではないので裾には結構な人の数。
盤渓も平和の滝も静穏です。
いくら熊でも日中は自粛しますよね。
秋色探訪散策はしたいのですが熊情報が出ているときに山の中に入るのは躊躇われます。

GoogleEarth で札幌の様子を空中から見ると南西部は山続きであることがわかります。
南側が広い道路で区切られ飛び地になっている野幌森林公園には熊は出ません。
町中はともかく市街地と山裾の接点には熊が出てきても不思議ではありません(希望はしませんが)。
本州、特に西日本でイノシシがすっ飛んでくるのと似たような状況ではあります。
今年は餌に恵まれない年なので人間界に近づいてしまうのでしょう。
恵庭で捕殺された若グマの胃袋は空っぽだったそうですから自然界は厳しいものです。

下の写真は平和の滝付近の小さな秋です。

1

3

2
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。